■三陸沖北部地震

三陸沖北部地震とは、三陸沖のうち青森県東方沖を含む北部で発生したものをいう。
繰り返して起こる地震とそうでないものとに別けられるが、いずれにしろ規模は大きく、津波を発生させるため被害が大きくなる傾向にある。
2011年の東日本大震災でもこの地域の地震が連動して起こっている。
 

1677年 延暦八戸沖地震
 発生:延暦5年(1677年4月13日)
 規模:M7.4~7.9/最大震度5程度
 津波:推定6m

1763年 宝暦八戸沖地震
 発生:宝暦13年(1763年1月29日)
 規模:M7.4~7.9/最大震度5程度
 津波:推定4~5m
 同年に八戸沖(M7.3 津波あり)、青森県東方沖(M7.0)の余震あり

1856年 安政八戸沖地震
 発生:安政3年7月23日(1856年8月23日)
 規模:M7.5~8
 北海道、三陸で津波

1901年 青森県東方沖で地震
 発生:明治33年8月9~10日
 規模:M7.2~7.4

1928年 宮城県沖で地震
 発生:昭和3年5月27日
 規模:M7.0/最大震度4(青森市、宮古市、盛岡市)

1931年 三陸沖で地震
 発生:昭和6年3月9日
 規模:M7.2/最大震度4(北海道、青森県、岩手県)

1935年 三陸沖
 発生:昭和10年10月18日
 規模:M7.1/最大震度3

1943年 青森県東方沖で地震
 発生:昭和18年6月13日
 規模:M7.1/最大震度4(苫小牧市、青森市、八戸市)

1945年 青森県東方沖で地震
 発生:昭和20年2月10日
 規模:M7.1/最大震度5(八戸市)

1960年 三陸沖で地震
 発生:昭和35年3月21日
 規模:M7.2/最大震度4(青森市、八戸市、宮古市、むつ市ほか)

1968年 十勝沖地震
 発生:昭和43年5月16日
 規模:M7.9/最大震度5(北海道、青森、岩手)
 三陸で津波、大きな被害を出す
 死者52人、負傷者330人、住宅673棟全壊、3004棟半壊、15697棟一部損壊
 特に青森県での被害が大きかった
 十勝沖地震と命名されているが、その震央の位置などから実質的に三陸沖地震
 M7前後の大規模な余震が長く続いた
 
1989年 三陸沖で地震
 発生:平成元年11月2日
 規模:M7.1/最大震度4(青森市、大船戸市、盛岡市)
 久慈で1.3mの津波

1994年 三陸はるか沖地震
 発生:平成6年12月28日
 規模:M7.6/最大震度6
 津波:0.6~1m

2011年 東北地方太平洋沖地震
 発生:平成23年3月11日
 規模:M9.0/最大震度7
 津波:40.1m
 死者・行方不明者1万5000人超
 前後にM7を超える余震が三陸沖で発生
 

北海道の地震(歴史)
 十勝沖地震釧路沖地震根室沖地震択捉島沖・色丹島沖地震三陸沖地震

東北地方の地震
 三陸沖地震三陸沖北部地震宮城県沖地震福島県沖地震青森県東方沖地震


 

あわせて読みたい関連記事

    None Found

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
 

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2013 地震ステーション. All Rights Reserved