■東海地方の地震(歴史)

 

684年 白鳳地震(天武地震)
 発生:天武13年10月14日(684年11月26日)
 規模:M8.0以上
 南海トラフ連動型地震との説あり
 大きな津波発生、土佐で被害大
 南海地震、東海地震、東南海地震のいずれとも分類する説あり

715年 遠江国地震
 発生:和銅8年5月25日26日(715年6月30日、7月1日)
 規模:M6.5〜7.5
 三河、遠江で地震

745年 天平地震
 発生:天平17年4月27日(745年6月1日)
 規模:M7.9
 美濃地方で地震

762年 美濃、飛騨、信濃で地震
 発生:天平宝字6年5月9日(762年6月5日)
 規模:M7.0以上

841年 伊豆地震
 発生:承和8年5月3日以前(841年)
 規模:M7.0
 死者多数

869年 貞観噴火(富士山噴火)*

878年 関東諸国で地震
 発生:元慶2年9月29日(878年10月28日)
 規模:M7.4
 武蔵、相模で被害、死者多数
 京都でも有感

887年 仁和地震(五畿七道大地震)
 発生:仁和年9月29日(878年10月28日)
 規模:M7.4
 南海トラフ連動型地震との説あり
 京都、摂津で被害、死者多数
 南海地震に加え、東南海・東海地震も同時に発生
 津波あり

1096年 永長地震(嘉保地震)
 発生:嘉保3年11月24日(1096年12月11日)
 規模:M8.0〜8.5
 東海・東南海地震
 大津波により伊勢、駿河で甚大な被害
 死者1万人超

1361年 畿内・土佐・阿波で地震
 発生:康安元年6月24日(1361年7月26日)
 規模:M8.0~8.5
 南海トラフ連動型地震との説あり
 大津波により摂津、阿波、土佐で甚大な被害

1408年 応永地震
 発生:応永14年12月14日(1408年1月12日)
 規模:M7.0~8.0

1433年 相模地震
 発生:永享5年9月16日(1433年10月28日)
 規模:M7.0以上
 死者多数
 津波により利根川が逆流

1495年 相模トラフを震源とする関東地震(?)
 発生:明応4年8月15日(1495年9月3日)
 規模:不明
 津波により鎌倉大仏殿が倒壊のの記録あり

1498年 明応地震(東海・東南海地震)
 発生:明応7年8月25日(1498年9月11日)
 規模:M8.2~8.4
 伊勢、駿河などで津波により深刻な被害
 浜名湖が海と繫がる
 南海トラフ沖活断層による地震の可能性あり
 死者3~4万人

1554年 白山 噴火*

1586年 天正地震(東海東山道地震、飛騨・美濃・近江地震)
 発生:天正13年11月29日(1586年1月18日)
 規模:M7.8〜8.1
  飛騨、越中などで山崩れが多発
 帰雲城が崩壊し、内ヶ島氏が滅亡してしまう
 白川郷で民家数百軒が埋まる
 余震が一年以上に渡り続く
 三笠湾、若狭湾沿岸部で巨大な津波により被害大
 大津波の記録が太平洋側だけでなく日本海側でも記録

1605年 慶長地震
 発生:慶長9年12月16日(1605年2月3日)
 規模:M7.9~8.0
 関東から九州までの太平洋沿岸部で広く津波被害
 紀伊、安房、土佐などで特に被害が激しかった
 八丈島でも死者多数
 死者総数は推定で1~2万人超
 すべてが津波被害だった

1633年 寛永小田原地震(相模・駿河・伊豆地震)
 発生:寛永10年1月21日(1633年3月1日)
 規模:M7.0~7.1
 駿河、熱海に津波
 小田原で死者100人超

1662年 寛文近江・若狭地震(寛文地震)
 発生:寛文2年5月1日(1662年6月16日)
 規模:M6.5
 死者数千人

1707年 宝永地震・噴火(富士山噴火)
 発生:宝永4年10月4日(1707年10月28日)
 規模:M8.4~8.6
 南海トラフの連動型地震
 関東から九州まで太平洋側に津波被害
 死者、家屋倒壊・流出多数
 地震から49日後に富士山が大噴火
 道後温泉の湧出が数ヶ月間止まる
 地震直後には富士宮でM7.0の最大余震(被害大)

1715年 大垣・名古屋・福井で地震
 発生:正徳4年12月28日(1715年2月2日)
 規模:M6.5~7.0

1718年 三河、伊那遠山谷で地震
 発生:享保3年7月26日(1718年8月22日)
 規模:M7.0
 遠山川の河道閉塞が決壊
 死者50人

1812年 神奈川地震
 発生:文化9年11月4日(1812年12月7日)
 規模:M6.7~7.0
 死者多数

1812年 文政近江地震
 発生:文政2年6月12日(1819年8月2日)
 規模:M7.0
 伊勢・美濃・近江で地震の記録あり
 死者多数

1833年 美濃西部で地震
 発生:天保4年10月26日(1833年5月27日)
 規模:M6.0
 震源は根尾谷断層付近

1847年 善光寺地震(弘化大地震)
 発生:弘化4年3月24日(1847年5月8日)
 規模:M7.4
 山崩れの土砂により犀川が決壊し洪水が発生
 死者約1万超
 誘発地震でも死者を出す

1854年 伊賀上野地震(伊賀・伊勢・大和地震)
 発生:嘉永7年6月15日(1854年7月9日)
 規模:M7.0
 死者1800人ほど

1854年 安政東海地震
 発生:嘉永7年11月4日(1854年12月23日)
 規模:M8.4
 房総半島から四国にかけて太平洋沿岸部に津波
 特に伊豆から熊野にかけての被害が甚大
 ロシア船ディアナ号が沈没してしまう
 死者2~3000人

1854年 安政南海地震
 発生:嘉永7年11月5日(1854年12月24日)
 規模:M8.4
 安政東海地震の翌日(32時間後)に発生
 再び津波が押し寄せ、紀伊、土佐などで最大11mの津波被害
 死者数約3000人
 2日間で2万人の死者が出たとの説もある

1855年 飛騨地震
 発生:安政2年2月1日(1855年3月18日)
 規模:M6.5
 死者200人超
 金沢まで被害が及ぶ

1855年 遠州灘で地震
 発生:安政2年2月1日(1855年3月18日)
 規模:M7.0〜7.5
 津波により死者1万人程度

1858年 飛越地震
 発生:安政5年2月26日(1858年4月9日)
 規模:M7.0~7.1
 常願寺川がせき止められ後日決壊
 死者数百人

1861年 文久西尾地震
 発生:万延2年2月14日(1861年2月14日)
 規模:M6.0/最大震度5強(愛知県西尾市〜岡崎市)
 安政東海地震の誘発地震

1880年 横浜で地震
 発生:明治13年2月22日
 規模:M7.0~7.1
 煙突が多数倒壊
 地震学会が結成されるきっかけとなる
 地震学会とは現在の日本地震学会であり、世界初の地震学会である

1891年 濃尾地震
 発生:明治24年10月28日
 規模:M8.0
 死者・行方不明者7000人超

1899年 紀伊大和地震
 発生:明治32年3月7日
 規模:M7.0
 三重県を中心に被害

1909年 江濃地震(姉川地震)
 発生:明治42年8月14日
 規模:M6.8
 死者41人

1923年 関東地震(大正関東地震、関東大震災)
 発生:大正12年9月1日11:58頃
 規模:M7.9/最大震度6(関東南部、山梨など)
 日本災害史上最悪となる10万5385人の死者を出した
 余震多数発生

1930年 伊東群発地震
 発生:昭和5年2月13日~5月31日
 規模:最大M5.9

1930年 北伊豆地震
 発生:昭和5年11月26日
 規模:最大M7.3/最大震度6(三島市)

1935年 静岡地震
 発生:昭和10年7月11日
 規模:最大M6.4/最大震度6(静岡市)
 死者9人

1936年 新島近海で地震
 発生:昭和11年12月27日
 規模:最大M6.3/最大震度4(伊東市)
 死者3人

1944年 東南海地震
 発生:昭和19年12月7日
 規模:最大M7.9/最大震度6(静岡県御前崎市、三重県津市)
 死者、行方不明者1223人
 伊豆から紀伊半島にかけて津波が襲った

1945年 三河地震
 発生:昭和20年1月13日
 規模:最大M6.8/最大震度5(三重県津市)
 死者、行方不明者2306人
 津波あり

1946年 南海地震(昭和南海地震)
 発生:昭和21年12月21日
 規模:最大M8.0/最大震度5(東海地方〜九州地方)
 死者、行方不明者1443人
 房総半島から九州にかけて津波あり

1948年 紀伊水道で地震
 発生:昭和23年6月28日
 規模:最大M8.0/最大震度3(東海地方、近畿地方、徳島県)
 死者2人

1952年 吉野地震
 発生:昭和27年7月18日
 規模:最大M6.7/最大震度4(中部、中国、四国地方)
 死者9人

1961年 北濃尾地震
 発生:昭和36年8月19日
 規模:最大M7.0
 死者8人

1974年 伊豆半島沖で地震
 発生:昭和49年5月9日
 規模:最大M6.8/最大震度5(南伊豆町)
 死者30人 

1978年 伊豆大島近海で地震
 発生:昭和53年1月14日
 規模:最大M7.0/最大震度5(伊豆大島、横浜市)
 死者25人

1978年 東海道南方沖で地震
 発生:昭和53年3月7日
 規模:最大M7.2/最大震度4(栃木県、千葉県)

1980年 伊豆半島東方沖で群発地震
 発生:昭和55年6月25日〜7月
 規模:最大M6.7/最大震度5(伊豆大島、熱海市)

1984年 三重県南東沖で地震
 発生:昭和59年1月1日
 規模:最大M7.0/最大震度5(福島、東京、神奈川ほか)

1986年 1986年伊豆大島噴火*

1989年 伊豆東部火山群 海底噴火*
 6月から7月にかけて群発地震あり

1993年 東海道南方沖で地震
 発生:平成5年10月12日
 規模:最大M6.9/最大震度4(栃木、東京、神奈川ほか)
 死者1人

1998年 伊豆半島東方沖で群発地震
 発生:平成10年4月20日〜5月
 規模:最大M6.9/最大震度4(伊東市)

2006年 伊豆半島東方沖で地震
 発生:平成18年4月21日
 規模:最大M5.8/最大震度6弱(伊東市)
 伊東市、伊豆市などで被害

2009年 駿河湾で地震
 発生:平成21年8月11日
 規模:最大M6.5/最大震度6弱(静岡県牧ノ原市、焼津市、伊豆市ほか)
 死者1人
 小規模な津波あり

2011年 静岡県東部で地震
 発生:平成23年3月15日
 規模:最大M6.4/最大震度6強(静岡県富士宮市)
 東北地方太平洋沖地震の誘発地震

関東地方の地震
 関東地震南関東直下地震房総沖地震千葉県東方沖地震茨城県沖地震

 


 

あわせて読みたい関連記事

    None Found

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
 

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2013 地震ステーション. All Rights Reserved