■東南海地震

 

684年 白鳳地震(天武地震)
 発生:天武13年10月14日(684年11月26日)
 規模:M8.0以上
 南海トラフ連動型地震との説あり
 大きな津波発生、土佐で被害大
 南海地震、東海地震、東南海地震のいずれとも分類する説あり

887年 仁和地震(五畿七道大地震)
 発生:仁和年9月29日(878年10月28日)
 規模:M7.4
 南海トラフ連動型地震との説あり
 京都、摂津で被害、死者多数
 南海地震に加え、東南海・東海地震も同時に発生
 津波あり

1096年 永長地震(嘉保地震)
 発生:嘉保3年11月24日(1096年12月11日)
 規模:M8.0~8.5
 東海・東南海地震
 大津波により伊勢、駿河で甚大な被害
 死者1万人超

1361年 畿内・土佐・阿波で地震
 発生:康安元年6月24日(1361年7月26日)
 規模:M8.0~8.5
 南海トラフ連動型地震との説あり
 大津波により摂津、阿波、土佐で甚大な被害

1498年 明応地震(東海・東南海地震)
 発生:明応7年8月25日(1498年9月11日)
 規模:M8.2~8.4
 伊勢、駿河などで津波により深刻な被害
 浜名湖が海と繫がる
 南海トラフ沖活断層による地震の可能性あり
 死者3~4万人

1605年 慶長地震
 発生:慶長9年12月16日(1605年2月3日)
 規模:M7.9~8.0
 関東から九州までの太平洋沿岸部で広く津波被害
 紀伊、安房、土佐などで特に被害が激しかった
 八丈島でも死者多数
 死者総数は推定で1~2万人超
 すべてが津波被害だった

1707年 宝永地震・噴火(富士山噴火)
 発生:宝永4年10月4日(1707年10月28日)
 規模:M8.4~8.6
 南海トラフの連動型地震
 関東から九州まで太平洋側に津波被害
 死者、家屋倒壊・流出多数
 地震から49日後に富士山が大噴火
 道後温泉の湧出が数ヶ月間止まる
 地震直後には富士宮でM7.0の最大余震(被害大)

1854年 安政東海地震
 発生:嘉永7年11月4日(1854年12月23日)
 規模:M8.4
 房総半島から四国にかけて太平洋沿岸部に津波
 特に伊豆から熊野にかけての被害が甚大
 ロシア船ディアナ号が沈没してしまう
 死者2~3000人

1944年 東南海地震
 発生:昭和19年12月7日
 規模:最大M7.9/最大震度6(静岡県御前崎市、三重県津市)
 死者、行方不明者1223人
 伊豆から紀伊半島にかけて津波が襲った

 


 

あわせて読みたい関連記事

    None Found

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
 

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2013 地震ステーション. All Rights Reserved