■釧路沖地震

北海道釧路市南方沖の太平洋で起きる地震。

 

1993年
発生:平成5年1月15日
規模:M7.5/最大震度6(釧路市)
各地で液状化現象が見られ、港湾、国道、鉄道に被害が出、
インフラの完全な復旧に半年を要した。
だが、釧路市周辺では日頃から頻繁に震度3前後の地震が頻発しており、
地震に対する意識が高く、家屋の耐震強度も高かった。
消防隊の質の高さもあり、地震の規模のわりに被害が最小限に留まった。
阪神大震災後、釧路市は神戸市復旧のモデルケースになった。
死者2人、負傷者966人。

2004年
 発生:平成16年11月29日
 規模:M7.1/最大震度5強(弟子屈、釧路ほか)

北海道の地震(歴史)
 -十勝沖地震
 -釧路沖地震
 -根室沖地震
 -択捉島沖・色丹島沖地震
 -三陸沖地震


 

あわせて読みたい関連記事

    None Found

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
 

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2013 地震ステーション. All Rights Reserved